人気ブログランキング |

一条の光明 - 希望は最悪の災いか? -





一つ前の記事で ↓ こちらです。



高3息子の不登校日記をつづっています。



しかし、まだ、卒業は絶望的ではないと、担任の先生から。

今年はコロナ・ウィルス流行の影響で、休校やオンライン授業があったため、出席日数的に、まだ望みがあるし、診断書も出しているので、11月に少しでも授業に出席し、期末テストを受けられれば、もしかしたら――――と。


卒業に、首の皮一枚でつながっている状態。


全力でサポートするのは、もちろんだけど……。



でも、親としては覚悟だけはしておいた方がいいですよね。


『希望は最悪の災いだ。――――苦しみを長引かせるのだから。』

         フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ


うーん、今はこのニーチェの言葉が沁みるなぁ……103.png103.png


まだ、卒業は絶望ではない
  ―――――― やっぱり、ダメかも


明日は行けるかも
  ―――――― 朝起きてみたら、やっぱり今日も行けなかった


深い井戸の底から、石の継ぎ目を足掛かりによじ登ろうとするのだけど、その度に滑って
黴臭い浅い泥のどん底に落ちている気分。

爪ははがれ、
血を出し、

打ち付けた体も
赤く腫れ、
あちこちに青黒い痣が痛み、

体力も知らず知らずのうちに
削られていく、

見上げれば、井戸の縁に
時には太陽が、
時には月が、
青い空が、
知っている星座が。

あそこまで行くのだと
何度も誓っては
その度に深淵に沈む




一年も不登校がつづくと、こんな感じでメンタル削れていきますね。

登れるのではという希望が、苦しみを長引かせている。
息子はもちろん、私たち親も。




高校は義務教育ではないのだから、さっさと辞めさせて、楽にしてあげればいいのかな。



明日も行く予定ではいます(あ、もう今日か)。
でも、既に行けない予感大です142.png


しかし、非効率に苦しみ悩んだ時間が、きっと息子のような人間の成熟には必要なのかもしれないと。

この一年、ぶつかり合ったりしながら、お互いのことがよりよく理解できるようになったのは確か。
信頼関係の絆もずっと太くなったと自信がある。


最終的に高校を中退することになっても、静かに許容して、次の道を考えてあげたい。
長い休養も必要になるだろう。

息子が自分で立ち上がりたいと思うまで、ただ寄り添うだけ。

親にできることは、それくらいだ。

そこからは、情報集めて目標定めて歩くのを支え、

己の足だけで歩けるようになったら、そっと手を放す。

前に進む君の背中の逞しさ

子供が旅立つときの一抹の寂しさ

そんな複雑な感情を抱えながら
乗り越えた息子の背中を見送りたい

いつか




一条の光明 - 希望は最悪の災いか? -_b0329868_13315680.jpg



# by utakatamahoro | 2020-10-27 14:44 | 不登校日記 | Trackback | Comments(0)

いよいよ危うく(T_T)

二学期の中間テストが始まりましたが、やっぱり学校に行けていません、息子@高3…………。

先生方も、授業には出席しない、テストも受けないでは、いくら鬱病の診断書を提出しているとはいえ、成績のつけようがないですよね……。

そして、成績がつかなければ、必然的に留年、そして卒業はできない――と。





高校卒業程度認定試験を受けるとか、通信制など他の高校に行き直す方法もありますが。


お世話になっているカウンセラーの先生から、息子は「中退したら、ポッキリ折れるタイプではないか」と言われており、何とか卒業だけはさせたかった。

でも、こうなったら仕方がないです…………。

本人が「留年するなら、もう辞める」と言っているし。


先は見えないけれど、命があれば、立ち直るチャンスもあるでしょう。





数年かかったとしても、長い人生の寄り道。




# by utakatamahoro | 2020-10-24 02:16 | 不登校日記 | Trackback | Comments(0)

実家のわんこ~ポメラニアン♂~

実家で一人暮らしをしている父の手伝いに、一ヶ月に一回は実家に行っています。

コロナウィルスのために緊急事態宣言が出された後は、3か月間くらい行けなかったけれど137.png



一人暮らしの父の相棒は、ポメの男の子。
7歳なので、もう男の子じゃないかな。
男性?
成犬男子??

実家のわんこ~ポメラニアン♂~_b0329868_02231821.jpg

写真を撮ろうとすると、なぜか、こんな困った顔をします。

幼犬の頃はちゃんとリラックスした姿が撮れたのにな~なんでだろ?



実家のわんこ~ポメラニアン♂~_b0329868_02225745.jpg

完全に顔を背けてしまいましたね^^;;



父も80歳代になり、思うように体が動かなかったりしてきているみたいです。
家事や雑事、事務手続きなどが億劫になってきたと。
それでも、80代にしては元気だし、しっかりしている方だとは思うのですが……。
うちの旦那さんの方が、よっぽどボケている気がする140.png


本人も、「老人介護施設のような所に入りたい」と口にするようになって。

うちや弟一家と住めればよいですが、あと一人住まわせるスペースをどちらも確保できない家の狭さと間取り142.png
子供たちが独り立ちしてくれれば部屋が空くけれど、あと少なくとも数年はかかりそうだし。

それに、父は結構自由人なところがあって、家人とぶつかることも多くて。

だから、母が亡くなってから20年近く一人暮らしをつづけて来たわけで。
家族とは心地よい距離を置いて暮らす方が、父のためでもあるかもしれないと思います。

うちの旦那様もかなり癖があるので、同居しても、お互い反目し合いそうな予感するしね103.png
それくらいだったら、ね。


そうなると、この子は連れていけないので、うちで引き取る約束をしています。

一度、父が入院した際に10日間ほど預かり、最初は慣れない場所のため、ずっと吠え続けたり、あちこちにマーキングをして回ってたりで困ったのですが、私がわんこの性質を理解して対応を変えて数日たつと精神的に安定し、リビングのクッションの上で安眠する姿を見せてくれるまでになっていました。
だから、うちで暮らすことになっても大丈夫じゃないかな~と思います。

預かった後、実家に連れ帰ったら、再会した父にしっぽを千切れんばかりに振り、父の顔から腕から舐められるだけ舐めまわしていました(笑)
大好きなんだよね、お父さん164.png162.png

お父さんと離れるのは寂しいと思うけど。



施設に移っても、うちに会いに来てくれれば、いつでも会えるから!





# by utakatamahoro | 2020-10-18 02:48 | 家族のこと | Trackback | Comments(0)

一歩前へ……

一歩前へ……_b0329868_00575547.jpg


THE FOOL 番号:0
足元には断崖、でも、前だけを見て進む”阿呆”




ここ数年見る夢には、二十年以上前に辞めた会社の同僚や上司がよく出てきます。
もちろん、その当時の姿のままで。
昨日も、ある上司が夢の中に登場し、はっと目覚めて思ったこと……。


私の時間、止まってるわ。


息子の不登校問題もあり、今は現状を維持した方がよいのかもしれませんが――――……。




ふと手に取った求人誌に載っていた広告にとても心惹かれて、思い切って応募してみました!

英語を使う仕事の上に、自宅からかなり近い職場。歩いて行けなくもないくらいの距離。


小さな会社なので、採用予定は1名とのこと。


おそらく、もっと若い方、そして英語力も、私なんかより高い方の応募があると想像しているので、採用には至らないと思います。

が、しかし!


178.png思っているだけでなく、実行に移すことが自分を変えていく第一歩178.png





応募する前に主人に相談したら、OKをくれましたが、息子は、かなり不安げでした。
そうですよね、だって、生まれた時から、ずっと母は家にいるものだったわけですから。

でも。

「これも、大人になるために必要なのかな……」

とボソリ。

私がいないことで、多少、家庭が混乱することはあるかもしれませんが、もしかしたら、息子の自立を促すことにも、つながるかもしれません。


まあ、十中八九、不採用だと思いますけれどね~(笑)



【まほろの Line stamp 好評発売中です♪】


☆従僕妖精さん☆
かわいくて癒し系の妖精さんです。
LINE スタンプが売れていないので(笑)、宣伝です♪_b0329868_00084612.png

↓ こちらをクリックで購入画面にいけます!
お得な40個セットで、50コインです。




タグ:
# by utakatamahoro | 2020-10-16 21:54 | アラフィフ | Trackback | Comments(0)

死と再生のプログラム



高3の1学期は、新型コロナウィルスの流行で休校期間があったこともあり、学校には2日間だけしか行けなかった息子。
そのまま夏休みに突入。
その間、Stay home で外出をほとんどせず、家から出るのは、通院やたまの外食くらい。

「2学期は頑張る……」と言っていたものの。

2学期に入っても、今のところ、週一回学校に行き、先生と雑談したり、友達と話したりするくらいしかできていません。
授業に参加なんて、とてもとても……。
外出自体が「怖い」と言い始めるし、「外には楽しいことが何もないから、出たくない」とも。

でも、まだ、学校に行く日は、敷地内に入れるようになっただけ、マシかな……。
1学期は学校の前まで送って行っても、車から降りられなかったし、2学期の初めの頃は私が校内まで付き添って行かせてもらっていたし。
今は一人で校舎内に入って行っていますが、前日から情緒不安定になるし、学校に向かう車の中でため息ばかりついて、「冷や汗が出て来る」なんて言うし。

でも、本人には何故、学校に行けないのか、外にでられないのか分からないそう。

具体的な出来事や理由は無いよう。


誰が悪いとか、学校が悪いとかではなく、全般的な環境の変化や周囲の成長度に適応できず、苦しんでいるのではと。


昔から、徐々に少しずつ階段を昇るように成長してきたのではなく、ずっとできなかったことが、気が付くと急にできるようになっているタイプの成長を見せる子でした。


周囲の変化に微調整を加えて合わせていくのではなく、その変化に全プログラムを書き換えて対応するような感じ。

少しずつ修正を加えていく方が負担は少ないですよね。
それが出来ない子。

一度、それまでの自分をリセットして、新しい自分に生まれ変わる感じ。





先日、息子のことをルノルマンカードで占ったところ、過去には「船」、現在には「ネズミ」、未来には「十字架」のカードが出ました。

死と再生のプログラム_b0329868_18281887.jpg

過去の場所に出ている「船」は、海外を象徴し、乗組み員は遠くに待っているはずの陸地を見つめています。つまり、イギリスで学んでいた頃は意気揚々としていて、未来に希望を持てていたということでしょう。
しかし、現在は地下で「ネズミ」に齧られえるように、心が消耗し続ける日々。
そして、未来には終焉の意味を表す「十字架」のカードが。
「十字架」というより、絵柄は「墓場」ですね~^_^;;


でも、この終焉を表すカード、絶望を表すわけではないのです。



死と再生のプログラム_b0329868_18282562.jpg

終わりがあるから、始まりがある。

息子はこれまでをリセットしてから先に進むタイプ。

つまり、

一度これまでの自分を葬ってから生まれ変わる

という、明るい意味に取りました。

そこには痛みも苦しみも伴うのだろうけれど。

「十字架」のカードは2~3週間という意味も持つので、それくらいの時に大変化が起こるかもしれません(希望的観測)。



いつか、自分の中のプログラムを書き換えて、変化に対応する自分になれるのでしょうか。

先月から、カウンセリングも始めました。


死と再生のプログラム_b0329868_18283066.jpg






# by utakatamahoro | 2020-10-08 18:31 | 不登校日記 | Trackback | Comments(0)


2年間ロンドンに住んでいました。貧乏でも楽しめたロンドン日記。今後は帰国後の生活を綴ります。これからも、ニッチを探る人生。


by まほろ

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
ロンドン現地校
ロンドン生活
イギリス行準備編
家族のこと
自分応援プロジェクト!
映画・ドラマ
ロンドン関連本
パリ旅行
帰国準備
帰国子女
日本帰国後
アラフィフ
スピリチュアル
育児
手相
日常
開運
外国語
海外
従僕妖精さん
クリエイター
タロット
エッセイ
ふとう
不登校日記
未分類

以前の記事

2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 05月
2017年 03月
2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月

最新の記事

一条の光明 - 希望は最悪の..
at 2020-10-27 14:44
いよいよ危うく(T_T)
at 2020-10-24 02:16
実家のわんこ~ポメラニアン♂~
at 2020-10-18 02:48
一歩前へ……
at 2020-10-16 21:54
死と再生のプログラム
at 2020-10-08 18:31

メモ帳

ライフログ


英国の暮らしとおやつ


「イギリス社会」入門―日本人に伝えたい本当の英国 (NHK出版新書 354)

フォロー中のブログ

最新のコメント

nanakoさん、あけま..
by utakatamahoro at 01:10
まほろさん、あけましてお..
by nanako-729 at 22:47
nanakoさん、202..
by utakatamahoro at 03:12
まほろさん、初めまして!..
by nanako-729 at 22:35
> watahiro-a..
by utakatamahoro at 03:11
「大安」でスタートする令..
by watahiro-aya-s-m at 11:24
> watahiro-a..
by utakatamahoro at 02:45
EXILEのタカヒロを名..
by watahiro-aya-s-m at 11:35
> watahiro-a..
by utakatamahoro at 03:43
まほろさん、こんにちは♪..
by watahiro-aya-s-m at 09:16

最新のトラックバック

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

50代
クリエイター

画像一覧